SNSでシェアする

【rbenvコマンド一覧】rbenvでrubyの指定バージョンをインストールする時など

SNSでシェアする

スポンサーリンク
 
是非購読クリックお願いします☆

rbenv

rbenvでrubyを管理されている方も多いかと思います。

複数のrubyバージョンを管理できるrbenvはruby/railsデベロッパーにとってはなくてはならない存在の一つとも言えるのではないでしょうか。

そんなrbenvでのコマンド一覧集をここにメモとして置いておきます。

スポンサーリンク

rbenvで指定したrubyバージョンをインストールする

第三者が制作したプロジェクトに途中参加する際など、そのプロジェクトのrubyバージョンが自分が持ってるバージョンと合っていなくてプロジェクトが動かせないことがありますよね。

そんな時は、そのプロジェクトで使用しているrubyバージョンを自分の環境にもインストールする必要があるかと思うんですが以下の手順でインストール可能ですのでご参考ください。

まず、rbenvとruby-buildをアップデートしておく

homebrewでrbenvもruby-buildもインストールしているので、brewコマンドでrbenvとruby-buildをアップデートしておきます。

現在インストールが可能なrubyのバージョンをリストで表示する

このコマンドで現在のインストール可能なrubyバージョンの一覧が出てきます。
この中から好きなrubyのバージョンをインストールすることができます。

ruby-buildが最新なのにインストール可能なrubyバージョンのリストの中に最新バージョンが表示されない時

先ほどbrewコマンドでruby-buildを最新にしたわけですが、リストに最新バージョンが出てこないことがあります。そんな時は、以下のコマンドを使うことで解決できます。

rubyの指定バージョンをインストールする

インストール可能なバージョンを指定してインストールしましょう。

インストールしたrubyにbundlerをインストールする

gemの管理をしてくれるbundlerを使用したい場合はインストールしましょう。

bundlerでgemを再インストールする

インストールしたrubyにbundle installでgemをインストールしましょう。

これまでにインストール済みのrubyバージョン一覧を表示

以下の場合、5つのrubyバージョンがインストール済みであることがわかります。

プロジェクトのrubyバージョンを指定する

プロジェクトごとにrubyのバージョンを指定できます。
これは各プロジェクトのディレクトリに移動してコマンドを実行します。

全体のrubyバージョンを指定する

全体のrubyのバージョンを指定できます。
これはルートディレクトリで大丈夫です。

rubyのバージョンを確認

現在指定されているrubyバージョンを確かめることができます。

ちなみに、上記のglobalコマンドでバージョンが切り替わらない時は以下の記事を参考にしてください。

rbenvでrubyバージョンが切り替わらない、反映されない時の解決方法

まとめ

今回はrbenvで特によく使うコマンドをまとめてみました。

自分用のメモとしても書いてあるのですが、もし参考にしていただけるのであれば幸いです。

よかったら、いいね!やシェアよろしくお願いします☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク