SNSでシェアする

【シェル】bashをzshに変更する方法と、rubyをrbenvで環境構築した設定をzshにそのまま引き継ぐ方法

SNSでシェアする

スポンサーリンク
 
是非購読クリックお願いします☆

bash-vs-zsh

今回はMacのシェル(ターミナル)で、デフォルトのログインシェルであるbashを、zshに変更する手順をお伝えしていきます。

bashからzshに切り替える方法に関する参考サイトは山ほどあるのですが、僕の場合bashでrubyの環境構築をしていた分があったので、パスを通してその設定をそのままzshにも引き継げるようにしました。

そのあたりについて、同じような方がいらっしゃれば参考にしてください。

zshをインストールする前にやっておく事

最新版のzshをインストールするため、homebrewを最新バージョンにしておきましょう。

スポンサーリンク

zshをインストールします

それでは早速、zshをインストールしていきます。

そもそもzshとは、Macに最初から入っているログインシェルのbashと違い、エイリアスを設定できたり、その他も便利な機能があったりと、とにかく高機能なシェルであるようなんです(まだその恩恵を知らないですw)。

そんな事を聞いたら、とりあえずzshにしておこうと思っちゃいますよね。

て事で、ログインシェルをzshに変えちゃいます。

以下のコマンドでzshはインストールできます。

ログイン時のシェルをbashからzshに変更します

インストールしただけだと、シェル起動時(ターミナル起動時)はbashが起動してしまいます。
そこで、ログイン時のシェルをbashからzshに変更する必要があります。

以下のように、homebrewでインストールしたパスを追加します。

Shellのパスを変更します

以下のコマンドを入力してパスワードを入力します。
そうすると色々と記述されたファイルが出てきますので、その中の「Shell」部分のパスを「/usr/local/bin/zsh」に書き換える必要があります。

以上でzshは使えるようになりました。

シェル(ターミナル)を再起動してzshが反映されているか確認してみてください。

これまでのbashのプロンプトであった「$」が「%」になっているかと思います。
zshのプロンプトは「%」みたいです。(ちなみに「%」は宇宙という意味らしいです)

bashで設定していたrbenvの設定を反映させましょう

ここからは、bashでrubyをrbenvで環境構築した人に限ります。

rubyはrbenvで管理すると便利なのですが、bashでrbenvの環境構築をされていた場合は以下の作業をしないと、これまでbashで使えていたはずのrailsコマンドなどが使用できなくなっているはずです。

そこでパスを通して、設定を反映させる必要があります。

rbenvのパスを通す

.zshrcの読み込み

これまでのbashでは.bash_profileが設定ファイルでしたが、zshになると.zshrcになります。

shellの再起動

最後にシェルを再起動して確認してみましょう。
以下のコマンドはシェルの再起動をしてくれるコマンドです。

これでbashからzshに変更した後でもbashで環境構築したrailsの設定などが反映されているはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

すごく簡単にzshに変更できたかと思います。

また、zshでは様々なカスタマイズができるようなので、自分の好きなようにのシェルをカスタマイズしてみるのもいいと思います!

ちなみに僕は、zshのオススメの設定ということで、まずこちらの「少し凝った zshrc」というのを入れました。

「少し凝った zshrc」を使うには中身を全てコピーし、以下のファイルの中にペーストするだけで簡単に使用することができます。

以下のコマンドで設定ファイルを立ち上げましょう。

iキーを押して、コピーした内容をペーストし、escキーを押した後、:wq と入力して保存・離脱します。

あとは以下のコマンドでシェルを再起動したら反映されているはずです。

すごく簡単に設定できたはずです!

また、万が一bashに戻したい場合には以下を戻せばいつでも戻せます!

ということで、いつでも戻せるし好きなようにカスタマイズできるし、zshっていいですね!

それでは、少しでも参考になれれば幸いです!

もしよろしければ、いいね!やシェアしていただけると幸いです☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク